ぬりかべ通信

佐藤左官工業所のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言霊

≫ダンボール屋さん
コメントありがとう!! って言うか、久しぶりです。先日の長野での懇親会、参加出来ず申し訳ありませんでした。同友会も・・・流れを見ながら我々の対応を検討して行きましょう。基本、JFKがありますから!!


さて、ご案内の通り?、昨日は私の43回目の誕生日! お祝いのコメントも、ありがとうございます!!

新しい事への挑戦と、その中での多くの出会いに感謝しながら・・・43歳の体と向き合いながら引き続きポジティブな日々を過ごして行きたいと思っています。

昨日は・・・朝7時半から井坪工務店の社長とう打合せ・・・今月は9件の物件を完工しました。今後の仕事量も想像以上に確保されている中、先を見通したお考えに、毎回敬服致します。そんな情報を参考に、私も対応して行きたいと思います。

その後、飯島の現場に向かっていると電話が・・・「佐藤さん大丈夫ですか?」・・・と。
実は・・・井坪工務店さんの見学会のお手伝いを頼まれていた事をすっかり忘れていました(-_-;)

飯島の現場の段取りを済ませ、お手伝いにとんぼ返り・・・。
午前中、駐車場係りとしてお手伝いしてきました。井坪社長の先を見据えた中での新事業「fain事業部」が施工する新しい価値観を提案する住宅。低価格でありながら、住む人の趣味や家族との繋がりを感じられる間取り・・・大変魅力的な住宅に仕上がっています。
CA3J0029.jpg

そんな訳で、現場作業は中途半端になってしまうため、午後からは諸々済ませ、夜はラッパ班の顔合わせに参加しました。
CA3J0048.jpg

伊藤ラッパ長以下13名。少数での活動でありながら、近年の喬木村消防団ラッパ班の活躍ぶりには目を見張るものがあります。

大規模集団であれば心強さもあるかも知れません。ですが大人数であれば必ず0.5しか動かない人間が出てきます。小規模集団で、それぞれが1、もしくはそれ以上の活躍をされれば、大規模集団をも凌駕する集団に成りえます。そんな集団であって頂きたい。そして、様々な場面で、魂を込めたラッパ吹奏を披露して頂けることを期待しています。
班員一人一人が高い志を掲げながら研鑚を重ねて行き、必ずや目標達成を成し遂げられるよう、私も精一杯応援させて頂きたいと思います。
CA3J0049_20130428210812.jpg

会の中、約束通り「happy birthday」のラッパ吹奏が・・・無理なお願いに応えてくれてありがとう!!
楽しい時間と美味しい「どぶろく」の連続一気に・・・(-_-;)

ですが、思い出に残る誕生日会・・・いえいえ、ラッパ班顔合わせ会になりました。

10時半に帰宅。吐き気を感じながら休み、今朝5時半に起床。第一分団模擬火災に参加してきました。

昨晩共にした各正副分団長・・・その後2時まで飲んでいたようですが、全員元気に?集合していました。
CA3J0050_20130428210824.jpg

今回は住宅密集地での火災を想定し行われました。

防火水槽から吸水し用水路に放水し水量を増し下流で再度吸水し放水。ホースの中継に拘らず、その場の条件を生かした訓練は有事の際にも様々な発想を生み活かされるのではないかと感じました。
CA3J0051_20130428210833.jpg

訓練には地元各区長様はじめ、各班消防協力員の方々も参加下さり、有意義な訓練になったと思います。今回気付いた良い点悪い点をしっかり検証し今後の知識・技術として身に付けていって欲しいと思います。
CA3J0052.jpg

訓練終了後、飯島のT様邸へ・・・。
玄関タイル下地、テラスの墨出しなど行い・・・二日酔いの体で何とか一日終了!!
CA3J0055.jpg

明日は第二分団の模擬火災。5時半集合。6時発災と言う事なので・・・。今日は早めに休みます。


今日の一言!

ユーモアのセンスを持つ。
『言葉を魂のあるものとして使えるようになる深い教養を身につける。』 芳村思風

昨日、前ラッパ長の新井君と話をしている時、人を動かす為には、整った綺麗な話より、魂のこもった言葉を発したい・・・と言うような話をさせて頂いたような記憶が・・・。
それぞれに抱いている熱い思いを、言葉に乗せ、出来るかぎり上手に相手に伝えたいものです。

魂を込めた言葉は「言霊」となり相手の潜在意識に響くはず!!

伝え感じてくれた仲間と共に、次のステージに上れたら、こんな嬉しい事はありません。

そこには新たな景色と出会い、感動があるはずです!!


そんな言葉を発せられる存在であれたら・・・そうなる為・・・日々学習!!

おやすみなさい(-_-)zzz S

スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 22:47:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未熟な43歳

昨日の暖かさと打って変わり、今日は風も強く雨もパラツキこの時期としては肌寒い一日でした。

最近は風が強い日が続きます。4月も終わると言うのに・・・中信では寒さや先日の雪に依る果樹の被害も尋常ではない様子・・・(-_-;)

地球のバランスが崩れてきているのでは・・・こんな私でも不安に感じます。

今日は10時から駒ケ根で打合せがあり、その前に3件現場を廻り段取りや材料の手配を行いました。メーカーは連休。我社はゴールデンウィーク無で仕事に成りそうなので、休みになる前に材料を入れておかなければ・・・。丁度時間が取れ助かりました。

駒ケ根の現場は旧家の改修工事。地名にそのお宅の名字が付いているぐらいの昔からの大地主さんらしい・・・。

門構えから屋敷の佇まいから・・・緊張するぐらいの建物でした。
CA3J0003_20130426232431.jpg
CA3J0004_20130426232441.jpg

今回は離れのリフォーム。
部屋数は4部屋と10軒ほどの縁側。当然、全室が土壁下地。うち2部屋が一回塗り替えを行ったような最近のジュラクを使っていましたが、残り2部屋は築造当時の土壁仕上げになっており・・・大変興味深い仕上げ材でした。

和室2間はジュラク仕上げ。
CA3J0006.jpg
CA3J0007_20130426232517.jpg

和室の壁は赤身が強く、錆土ではないかと・・・。
CA3J0009_20130426235454.jpg

玄関の壁はグレーっぽい感じの浅黄土ではないかと・・・。
CA3J0010_20130426235507.jpg

先日の挟土秀平氏を思い出しながら・・・玄関は既存の壁を残して欲しいと言う、お施主様の要望なので、新設する壁にも同じ材料を使えるように、もう少し調べてみようと思います。

打合せを終え、午後からは飯島町のT様邸。

朝から浴室のタイル貼りを職人が行っていたので引き続き任せ・・・。
CA3J0013_20130426232538.jpg

私は室内テラスと玄関のタイル下地モルタルを・・・。
CA3J0011_20130426232528.jpg

来月2日までの工期。今週末も休まず作業になります。

仕事を終え、明日朝、金額決めの打合せの為の資料を作っていましたが・・・今夜も夜間ソフトの試合でした。断っておいたのですが、どうやら人が足りないらしく・・・。後輩原君の頼みでしたので途中でしたが向かいました。監督代行(監督は明日、息子さんの結婚式です)と交代し、ファーストのポジションに付き、その後ショートへ!

交代した後のアウトは全てショートが処理をした!って言うぐらい飛んできましたが、そこらへんは無難にこなし・・・。試合も14対1で快勝!!

勝利を祝い慰労会へ・・・は、流石に断り、引き続き事務処理を。

明日は・・・いえ、もう今日でした。私の誕生日!!

尊敬する〇〇さんから早速のお誕生日メールが届き・・・この辺りの配慮も流石です。と言うか、ありがとうございました。嬉しかった(^^)v

43歳になりました。まだまだ未熟な43の男ですが、一日1mmでも成長できるように、引き続き『一日一生』の気持ちで過ごして行きます。そして、格好良い50歳を目指し!!

しかし、誕生日だと言うのに、夜は喬木村消防団ラッパ班の顔合わせに招待されており・・・(T_T)

ラッパ長が「happy birthday」をラッパ吹奏してくれると言うので・・・記憶に残る誕生日に成りそうです。

そう言えば・・・県青連の時も確か・・・誕生日を長野市権堂で・・・萩ちゃん、田中ちゃんに祝ってもらったような・・・(-_-;) 皆さんありがとうございます!!


今日は一言!

「笑っているとき、人間は最も強い!」 中村天風

今年一年、笑いながら過ごして行けたら・・・。

おやすみなさい(-_-)zzz S



  1. 2013/04/27(土) 01:42:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人間の格

4月下旬になると言うのに、今朝は県内冷え込み、軽井沢では-6℃。飯田でも1℃。この先も異常気象に悩まされる年になりそうです。

昨日は塩尻のM様邸へ材料納入と段取りに・・・。

朝7時半に出発。松川ICから高速に乗り・・・しかし、途中で伊北ICから先はチェーン規制との警告が・・・。

ほんの数日前にスタットレスを履き替えていた為・・・伊北ICで強制下車(-_-;)

下道で向かいました。途中、民家に突っ込んでいる車、畑に落ちている車を横目に・・・。
CA3J0945.jpg

塩尻市に入ると一段と積雪が増え・・・。
CA3J0949_20130422225748.jpg" border=

若干遅れて現場に到着。
CA3J0950_20130422225807.jpg

この現場は外注でお願いしてあり、K左官さんと打合せをし、養生など段取りを・・・。
CA3J0952_20130422230103.jpg
CA3J0953_20130422230120.jpg
CA3J0954.jpg
CA3J0955_20130422230149.jpg

玄関ローカ廻りとLDKがシックイ仕上げ。和室はジュラク仕上げ。

その他の基礎補修、タイル工事も受けて頂けることになり助かりました。

その後、6時から喬木村消防団第3分団の総会に招待されていましたので早めに切り上げ・・・帰り道、飯島のT様邸に寄り進捗状況の確認をし、戻りました。

富田の公民館で開かれた総会。我々4役の外、富田・大和知区長さん、地元選出議員さん、消防委員さんもご臨席頂き盛大に開催されました。

会では今年度役員の紹介、新入団員の紹介など・・・。
CA3J0960.jpg

第三分団は今年度26名での活動。少数に不安を抱える班長もおりましたが、大勢いれば良いと言うものでもありません。大勢い居れば必ず0.5しか動かない団員も出てくる。全員が1動ける体制で臨んで欲しいと激励してきました。

消防団員として、火を消す活動だけでなく、地域の責任世代の皆さんには、それ以外の活動への要請も多くある事と思いますが、地域活動への積極的な参加協力を通じ、地域の皆さんとの更成るコミュニケーションを深める事が
有事の際、その被害を最小限に喰い止める重要な力に成ると思っています。
特に山間部での活動。苦労も多いと思いますが、私も全面的に協力して行きます。

それぞれが充実した実のある経験を積んでいって欲しいと感じました。
CA3J0961_20130422225833.jpg
CA3J0962_20130422225846.jpg

今日は飯田市鼎のK様邸へ。洗面廻りのタイル貼りをし、午後は完成検査。その後現場廻りをし帰社。

20日〆の請求書などをまとめ、見積もりをしていると電話が・・・。

実は今夜、喬木村夜間ソフトの初戦でした。忘れていました。とは言うものの、慰労会へのお誘いの電話。

諸々済ませ向かいました。

そんな訳で、若干ほろ酔いでの更新です。

明日は山田建築所さんの定例会。明後日は消防本部役員会。なんだかんだ・・・毎晩飲み会です。

そんな中、更新が疎かにならないように・・・努力します。


今夜は久しぶりに芳村思風先生の言葉・・・。

☆☆☆☆☆
人間の格
☆☆☆☆☆

本物の人間になるためには、人格について考えなければいけません。

人格とは理性ではありません。

頭の良い人間が、人格者とは限らないからです。

「人間の格」とは、「人間であるために必要な要件」です。

「人間の格」には、「性格」と「人格」の2つの「格」があります。

「性格」は生まれつきのもので、変える必要はありません。

相手によって、いい性格と言われたり、いやな性格と感じられたり、相対的なものです。不自然に変えようとするとストレスになり、うつなどの原因にもなってしまいます。

「長所を伸ばせば、短所は味に変わる」

「短所をなくそうとせず、長所を伸ばす」

「不完全な人間なのだから、短所があるのは当たり前。短所があるのは人間の証拠」

短所があることを自覚し、できるだけ出てこないように努力することが大切です。

どんな性格でも能力と人格を磨くことで、個性として魅力を持ち始めます。

「人格」には、3つの視点があります。

「人格の高さ」・「人格の深さ」・「人格の大きさ(広さ)」という、この3つです。

人格は、赤ちゃんや子どもには備わっていません。

「この赤ちゃんは、人格が高い」とか「深いですね」とは言いません。

生まれた後に、努力して育てていくもの、磨き上げていくものです。

「人格の高さ」は、知識や技術や教養の量があると同時に謙虚さが必要です。

プロとしての自信や志があることも、人格の高さを作るポイントです。

どんなに素晴しい技術を持っていても傲慢な人には、人格の高さは感じることがありません。

「人格の深さ」は、考え方や内面的なもので、量ではなく質的なもので、意味や価値を感じる厚みです。

乗り越えてきた問題や苦労や悩みが深さを作ります。

「人格の大きさ」は、器・度量・包容力という言葉で考えます。

器の大きな人とはどんな人か、度量の大きな人とは、包容力の大きさとはなにか。


人格は、どのようにして育て、鍛え、磨けばいいのでしょうか。

「自らに問い、対立を乗り越えていく」「問題を乗り越えていく」こと。

自らに何を問うか。

「人格を育て、鍛え、磨く問い」は、「哲学の問い」と言われる4つの問い、

「現実への問い」「全体への問い」「本質への問い」「理念への問い」です。

日々の生活や仕事そのものが現実です。

現実の中で、いろいろな問題が次々と出てきたとき、「どうして、こうなるのか?」と思うことがあります。

これが「現実への問い」なのです。

この現実への問いをキッカケとして、「こんなことは私だけ?他の人はどうなんだろう?」とより広く考える「全体への問い」に発展します。

さらに「そもそも、これはどういうことなのか?」というような問いがでてきます。

これが「本質への問い」です。

「これは、どうあるべきなのか?」「どうならなければいけないか」となったとき、「理念への問い」となります。

次に、「対立」を乗り越えること。

特に「感情的対立」を乗り越えていくことがポイントです。

相手を「誤解なく正しく理解するように聴くこと、接すること」、自分のことを「誤解されることなく正しく理解してもらえるように伝えること。

「対立とは、学ぶべき何かを持っている人を教えてくれている状態」です。

自らの成長を手伝ってくれる人として、相手に対して気づかい・心づかいで接することです。

対立する相手の意見のいいところを学び、取り入れ、自分の意見を成長させる。

ここに、器の大きさや包容力の大きさがでてきます。

こうして、「人格」を育て、鍛え、磨いていくことで、「人格」は「高く・深く・大きく」なっていきます。



人格を磨くような環境を提供して行きたいと思います。

今夜はここまで・・・お腹を壊す風邪が流行っているようです。気温の変化が大きい最近。どうか体調管理を怠らず、どちら様も楽しいゴールデンウィークを迎えられますように!

・・・今年の私にはゴールデンなウィークは訪れないようですが・・・。

おやすみなさい(-_-)zzz S
  1. 2013/04/22(月) 23:58:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米百俵

また暫らく休んでしまいました・・・(-_-;)

最近、弛んでいます。飲み会続きで帰りが遅いのが理由ですが・・・毎回酔い潰れるほど飲んでしまうあたりが何とも情けない。

今年は例年になく風が強く、毎日どこかで火災が発生しています。そんな中、今日は夕方から雨が降りだし・・・少しは発災の率も下がるのではないかと期待しています。

昨晩は長野県南部を震源とする地震。丁度飲み会から帰り布団に入った頃でした・・・。この辺りは震度2。大した揺れでなくとも、やっぱり気持ちが悪い・・・酔いのせいではありません。

中国でも大きな地震がありましたし、三宅島、北海道でも・・・。

巳年は災害が多いと聞きます。火災だけでなく自然災害にも迅速に対応できるよう心構えをしておかなくては!!


さて、いつから更新してなかったのか・・・。

水曜日は朝、土蔵の改修工事の現場打合せに伺い・・既存の板壁を撤去し、腰瓦を貼りナマコ壁に改修したいと言うお話でした。
CA3J0886_20130420224918.jpg

他社からも見積もりを取っておられたので、それ以下に・・・かなり厳しい感じですが調整しています。

午後からは従業員は井坪工務店さんの安全大会へ。私は信金若手経営者の会(SYMS)の総会へ。

1時から本会の総会へ出席。冒頭、支部紹介では、所用でで欠席されている宮下支部長に変わり支部方針の説明をさせて頂き、その後24年度事業・決算報告。25年度役員承認。25年度事業・予算案承認など行われ・・・。
CA3J0893.jpg

総会後、記念講演が行われ、テレビキャスターの橋本五郎氏の講演を聞きました。

題目は「どうなる日本! 政治・経済ここがポイント」と言う事でしたが・・・。期待していた肝心なことは聞けなかったような・・・。

その後支部の総会へ移動。この場の仕切りは共に副支部長である原君に任せ・・・。
CA3J0896.jpg

引き続きの懇親会は・・・出された料理にも箸を付けられづ、ひたすら飲み続け・・・(-_-;)

支店長、事務局さん、原君、湯沢君、藤本君と二次会へ・・・。二次会へは途中から宮下支部長も参加され、支部事業として、DDK主催で考えている講演会への参加協力をお願いしてきましたが・・・多少記憶が(-_-;)

木曜日は木曽へ仕事に・・・。

昨日は各現場を廻り、午後は久しぶりに自分の時間にさせて貰いました。

飯田市鼎K様邸。
CA3J0937.jpg
CA3J0939_20130420225030.jpg

飯田市羽場W店舗。
CA3J0941_20130420225047.jpg
CA3J0943_20130420225114.jpg

喬木村T様邸。土蔵改修工事。
CA3J0944_20130420225125.jpg

明日は塩尻の現場へ材料納入に向かい、段取りをしてきます。夕方からは第三分団の総会に呼ばれています。宴会もありますが、明日はほどほどに・・・。


さて今日は、SYMSの設立理念である「米百俵」について・・・。

この話に登場する小林虎三郎は、越後長岡藩の藩士だった人で、幕末から明治時代にかけての人です。

20代のときに佐久間象山の門下に入ったのですが、小林虎三郎は、吉田寅次郎(吉田松陰)とともに、「象山門下の二虎」(二人とも名前にトラがつくので)と呼ばれ、門下生の中でも秀でていました。

佐久間象山は、この二人を評して、次のように言っています。

「天下を動かす政治を行う者は吉田(松陰)であり、
わが子を託して教育してもらいたいのは小林のみである」

さて、虎三郎が象山門下で学んでいたころから時は流れ、虎三郎が40歳になるころのことです。

当時、北越戊辰戦争に敗れて焦土となった長岡藩は、7万4千石から2万4千石に減封され、藩士は飢餓状態に陥っていました。

窮乏を極めた藩士の生活を見かねて、長岡藩の支藩である三根山藩が、見舞いとして百俵の米を送ってきました。

藩士たちは、その米を分配してもらえるものと期待しますが、藩政を担う大参事という役職にあった虎三郎は、
米を売って、その資金を学校の設立に当て、将来の長岡や日本を背負って立つ人材を育成しようとします。

これに対して藩士たちは大反対するのですが、虎三郎は、
「疲弊した藩を復興させるには、人づくりこそが一番大切である」
と主張します。

後に、この話を山本有三が戯曲にしたのですが、その戯曲の中では、「米を早く分けろ」 といきり立つ藩士たちに対して、虎三郎はこう言っています。

「この米を一日か二日で食いつぶして、あとに何が残るのだ。国が興るのも滅びるのも、まちが栄えるのも衰えるのも、ことごとく人にある。この百俵の米をもとにして、学校を建てたいのだ。この百俵は、今でこそただの百俵だが、後年には一万俵になるか、百万俵になるか、はかりしれないものがある。いや、米だわらなどでは、見つもれない尊いものになるのだ。その日ぐらしでは、長岡は立ちあがれないぞ。あたらしい日本はうまれないぞ」

虎三郎は藩士たちを説得し、ついに国漢学校を設立しました。

虎三郎は、「人づくりのための学問」を意識して、この学校を作りました。

かつての藩校は、士族の子弟のための学校でしたが、虎三郎が設立した国漢学校は民間に開かれ、士族だけでなく、町人も農民も入学できました。

また、この国漢学校では、漢学(儒学)だけではなく、国史(日本の歴史)・国学を教えることにも力を入れ、未来を担う人材のための教育をしました。

そして、この国漢学校および、それを引き継いだ坂之上小学校、長岡中学、洋学校、医学校から、優れた人材がたくさん輩出しました。

堀口久萬一(堀口大学の父、外交官)
山本五十六(元帥)
小野塚喜平次(東京大学総長)
藤野善蔵(慶応義塾塾長)
大橋佐平(博文館の創業者)
小金井良精(解剖学の医学博士)
小原直(2・26事件のときの法務大臣)・・・

もし、百俵の米を長岡藩士たちが分配して食べていたら、上記の人たちをはじめとする人材は、現れなかったのかもしれません。


「米百俵の話」が教えてくれるのは、「自分づくり、人づくり」の大切さです。

今、目の前のことに振り回されるのではなく、将来のために「自分づくり、人づくり」を着実にすること。

それが、なにものにも代えがたい財産になるのです。


まずは「自分づくり」ですね。

自らの人間性を磨き、人間力を高める。


米百俵の精神・・・小林虎三郎が信金で、我々はそこで学ぶ生徒です。

学ぶと言う貴重な機会を与えてくれる事に感謝しながら、この飯田下伊那地域が今後さらに発展して行けるよう共に成長出来る仲間との繋がりを大切に進んで行けたらと思います。

おやすみなさい(-_-)zzz S
  1. 2013/04/21(日) 01:28:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幹部訓練

また数日おやすみしてしまいました(-_-;)

昨日は朝、現場を2件廻り南木曽のN様邸。基礎補修に向かい、下塗りを済ませ19号を北上し塩尻のM様邸へ現調!
軽トラでの移動距離250㎞・・・帰りの高速は風も強く、歯を食いしばりながら帰ってきました。

今日は飯田市鼎K様邸。
CA3J0847_20130416220017.jpg

外壁のスイス漆喰仕上げ。下塗りは昨日終わり今日はパターン仕上げ。

CA3J0848.jpg
CA3J0853.jpg
CA3J0874_20130416220136.jpg

骨材が粗かったのですが、極力薄塗りで・・・取りあえづ全面終了。

明日は従業員は井坪工務店さんの安全大会へ。私は飯田信金のSYMS総会へ・・・。慌ただしい日々が続きます。

そんな中、今日は午後時間が出来たので、先の現場の材料手配や見積もりなどをすることが出来、少し落ち着きました。


先週土曜日は親戚の一周忌の法要があり10時から参加。昼に一杯頂いてしまい・・・(-_-;)

夜は地元の夜間ソフトチームの団結式があり、6時から焼肉「きこり」さんで・・・お祭りが終われば夜間ソフト・・・一年なんてあっという間です。今年こそ悲願の優勝を!! 新戦力も加わり楽しみな年に成りそうです。

その後、阿島同年会が7時半から、同じく「きこり」で・・・お肉はもう結構(-_-;)

今年度のDDKの活動など・・・と言うより、もっぱら講演会の話題に・・・。順二に貸していた中村文昭氏のCDは引き続き北沢君が持ち帰ってくれました。共感してくれたことが本当に嬉しかったし、講演会実現へのエネルギーになります。開催に向けて・・・かなり厳しい工程になりますが、進めて行きましょう!! 頼りにしてます!!


抑えていたつもりでしたが・・・やっぱり飲み過ぎてしまい、しかし、日曜日は午前中、北部地区班の幹部基礎強化訓練が喬木第一小グランドで行われました。松川町・高森町・大鹿村・豊丘村・喬木村と・・・北部5町村の消防団幹部が252名が集まり幹部、救護、ラッパに分かれ訓練を行いました。

総指揮官として挑みましたが・・・式では若干の失敗もありましたが、訓練は滞りなく行うことが出来ました。
CA3J0850_20130416220057.jpg
CA3J0849_20130416225025.jpg

午後は場所を飯田市座光寺河川敷グランドに移し、飯伊消防協会の幹部訓練が行われました。

飯田下伊那全14団から530名が集まり・・・訓練内容は午前と同じ。私は副官として・・・。
CA3J0851.jpg

それぞれの団によって礼式の動作の捉え方が異なり困惑する団員もいました。飯伊として統一することは難しい事では無いと思うので、機会があれば提案したいと思いました。

しかし途中、喬木村で火災発生。訓練を中断し喬木村消防団は火事場へ向かいました。私も宮沢総指揮官にお任せし向かいました・・・が、発災場所は隣接する飯田市。しかし、そんな事は置いておいて、取りあえづ消火活動をし、鎮火。大事に至らず何よりでした。その後の残火処理は後着の飯田市の分団長に引き継ぎ、時間があったので訓練に戻りました。


朝から終日に渡り、団員の皆さんには意欲的に取り組んで頂き感謝いたします。

季節柄、春祭りの行われた地区もあり、そちらへの参加を断念し消防を優先してくれた団員の責任ある自覚も心強く思います。

入学後の子供を抱える家庭、地区のお祭り、会社のお花見等々、様々な事を我慢し、また廻りにご負担を掛ける中、挑まれた訓練。そこでの立派な行動。改めて敬意を表すと共に、その形としてしっかり慰労をさせて頂きました。

団員と共に、地域の防災リーダーとして今後も地域の皆さんに愛され頼りにされる消防団を創って行きたいと改めて誓う一日でした。

慰労会では厳しい事を言ってしまったようですが・・・。熱い思いを互いにぶつけ合いながら進んで行きたいもんです(^^)v

今日も飯田市で火災が発生しました。風が強い日も続きます。皆様、火の元には十分お気を付け下さい!!


今日はここまで・・・おやすみなさい(-_-)zzz S
  1. 2013/04/16(火) 23:46:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の雪

今日も寒い一日でした。飯島の現場は午後から雪が舞い・・・桜と雪、何とも不思議な風景でしたが・・・気温の変化に気をつけながら過ごしましょう!!

今日も4現場に分かれ・・・。

飯田市羽場W店舗。内壁しっくい仕上げ。外部の足場もバレ、来週火曜日が検査に成ります。
CA3J0832_20130411232702.jpg
CA3J0831_20130411232648.jpg
CA3J0827_20130411232604.jpg
CA3J0828_20130411232618.jpg

残すは玄関タイルのみ。ギリギリ間に合いそうです(-_-;)

高森町S様邸。今日から基礎廻りの補修工事。こちらの物件は基礎と玄関タイルのみ。4日で終わらせる予定。
CA3J0834_20130411232712.jpg
CA3J0833.jpg

高森町s様邸。昨日に引き続き、タイルの不足分を貼り完了。

その後、飯島町T様邸へ・・・。浴室工事を手伝いに行きましたが、冒頭触れた通り雪の舞う中での作業(-_-;)
CA3J0835_20130411232733.jpg
CA3J0836_20130411232744.jpg

夜は消防団のデジタル無線講習会に参加。

今年度より本部役員が携帯する無線がデジタルとなり、使い方の説明を受けてきました。

結論から言えば・・・使いづらい・・・(-_-;) 細かな説明は難しいんで触れませんが、今までのように押して話すだけのものでなく、グループを設定し通信しますが、維持の時間が3分。それが過ぎると、再度グループを設定し・・・。有事の際、スムーズな運用が出来るか・・・。

兎に角、災害現場で必要不可欠なツールです。いざと言う時に使えないようでは困ります。模擬火災などを通じ慣れるしかありませんね!!

終了後、各分団から顔合わせ会の案内が・・・。ゴールデンウィーク明け10日まで、消防行事が続きます。

そんな中、次女の中体連シード決めの試合があったりしますが・・・応援には行けないかも知れませんが、良い成績で本戦を迎えてくれることを祈りながら・・・。


帰宅後、風呂に入り出てくると〇〇さんからメールが・・・。NHKで左官の番組をやっているとの事!

点けてみると、挟土秀平氏がモデルの富永愛さんに壁塗りの指導をしていました。

挟土秀平さんは左官業界では有名な方です。私も県左官組合青年部の時、一回お会いしたことがありますが、我々とは次元が違うところで仕事をしています。私も本当はあんな仕事をしたいのですが・・・目の前の仕事をこなすことで精一杯。しかし、このような形で左官や土壁について目を向けて頂けることは、ありがたい事です。

飯田にも『中村土』と言う、赤見掛った土が昔はありました。今は手に入れることも難しい。
5年ほど前に山田建築所さんの仕事で1坪ほどの面積でしたが使いました。砂の配合、糊(つのまた)の配合に苦労しながら施工しましたが、今はこのような材料を使う現場も無く、触れる機会が無ければ今後、継承して行くのも難しい。そんな埋もれて行ってしまう技術や知識が左官には多くあります。少しでも多くを後世に残して行くのも私の仕事と思っています。

最近、テレビを見ることも無くなり・・・新聞のテレビ欄すら見なくなり、教えてくれなければ見逃すところでした。ありがとう御座いました!!

さて、明日は喬木村防災無線デジタル化竣工式。忙しい一日になりそうです!!

おやすみなさい(-_-)zzz S


  1. 2013/04/12(金) 00:53:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日の意味


昨日までの暖かさは何処へ?と言うくらい、日中も肌寒い一日でした。

今日は4現場に分かれ・・・。

飯島町T様邸。浴室長州風呂工事。

飯島町K様邸。基礎補修工事。

飯田市W店舗。内壁仕上げ工事。

私は高森町S様邸。内壁仕上げ工事。タイル工事。

和室の珪藻土仕上げ。使用材料はエコクイーン(もみ殻入り)。もみ殻の灰汁で着色する材料なので、練りおき時間の差で色具合が多少変わってきます。あまり時間を置かないように、速やかに塗り付ける事と、材料を少量づつ練ることに注意しながら・・・。
途中、現場打合せに廻りながら、2時半に終了。
CA3J0821_20130410230328.jpg
CA3J0822_20130410230338.jpg
CA3J0823_20130410230350.jpg

その後、トイレの手洗いカウンターのタイル貼りを行い、今日の作業は終了。
CA3J0826_20130410230406.jpg

明日は足りなかった玄関タイルを貼り、目地を詰め、こちらの現場は完了予定。

年度末を乗り切りましたが、今度はゴールデンウィークまでの完了物件が6件。段取り良く回して行きます。



さて、今日は・・・教育哲学者である森信三氏の「修身教授録」から・・・。

[一日の意味]

一生を真に充実して生きる道は、結局今日という一日を、真に充実して生きる外ないでしょう。
実際一日が一生の縮図です。
我々に一日という日が与えられ、そこに昼夜があるということは、二度と繰り返すことのないこの人生の流れの中にある私達を憐んで、神がその縮図を、誰にもよく分かるように、示されつつあるとも言えましょう。

では一日を真に充実して生きるには、一体どうしたらよいかが問題でしょう。その秘訣としては私は、その日になすべきことは、決してこれを明日に延ばさぬことだと思うのです。そしてそれには、論語にある『行って余力あらば以て文を学ぶべし』というのが一つのよい工夫かと思うのです。

すなわち何よりも自分の仕事を果たす。そしてその上でなおゆとりがあったら、そこで初めて本を読む。これ実に人生の至楽というものでしょう。自分のなすべき仕事をほったらかしておいて、ただ本を読んでいれば、それで勉強や学問かのように誤解している人が、世間には少なくないようです。



誤解している私です(-_-;)

度々登場する「一日一生」「先憂後楽」の言葉は、ここからきます。

ですが、理由をつけ自分に言い訳をしながら今日出来ることを明日に回してしまう私・・・なんとも恥ずかしい限り・・・。

改めてこの言葉を読み返し、今夜片付けなければいけない仕事(見積もり)を3件済ませ、今「文を学ぶ・・・」
学んでいます。

明日から、また「言い訳」に成る事柄が続くことが予想されますが、常に意識しながら一日一日を過ごしていきたい。

明日夜は喬木村消防団、デジタル無線講習会です。今年度から本部無線がデジタルに移行します。有事の際、確実に使いこなせるよう、デジタルと言う言葉に弱い自分・・・しっかり勉強してきます!!

おやすみなさい(-_-)zzz S
  1. 2013/04/10(水) 23:46:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰でした

また暫らくご無沙汰でした・・・(-_-;)

この一週間、何があったのだろう? 思い出すのも一苦労(-_-;)

4月3日(水)
雨降りでしたが、飯田市鼎のM様邸。玄関タイル工事をし、夕方、井坪工務店工程会議に出席。

4月4日(木)
喬木中学校入学式へ来賓として出席。知り合いのお子様達の晴れ姿、感動しました。その後飯田市千栄S様邸の土間工事。夜は6時から飯伊消防の幹部基礎強化訓練指揮者会議に出席。
今週の日曜日14日の午後行われますが、当日、私は副官を務めます。総指揮官は高校同年で野球部も共に経験した松川町の宮沢副団長。会議の司会も務めました。
それぞれ中隊ごとに分かれ詰めの打合せなど行い終了。
その後、北部地区班の出席者で懇親会へ!!それぞれの団の皆さんと親睦を深めました!!

4月4日(金)
喬木第二小学校入学式へ多田第三分団長と出席。第一小へは森山団長が向かわれましたので分かれての参加でした。第二小の今年度新入学生は7名でしたが、元気な子供達の姿は逞しく感じました。
午後から高森町のS様邸へ。玄関飾り床と和室の床の間のエコカラット貼り。若干遅くなりましたが完了。

4月5日(土)
阿島祭宵祭りでしたが、午前中、井坪工務店さんの着工式・着工前打合せが2件あり出席。午後は伊那、飯島の現場打合せに向かい、夕方から囃子屋台のお手伝いに・・・。雨が降る中、地元南耕地を練り歩き、7時に会所へ到着。その後夜の部で北耕地まで向かいましたが、私は内山前団長からお誘い頂いていたので夜の部は御無礼させて頂き・・・。内山さんの工場で宴会。森山団長も含め「内山組」?の皆さんが多数参加されており、また新しい出会いに感謝です。しかし・・・日本酒飲み過ぎです(-_-;)

4月6日(日)
阿島祭本祭。OBとして2年目の参加です。
南壮年団の頼もしい後輩達。
CA3J0804.jpg

各耕地から出発地点である八幡宮(南)へ来られる囃子屋台の出迎え。社切りと言う曲を演奏してお迎えします。
CA3J0802_20130409221931.jpg

今年度社切り担当の大太鼓:和也。小太鼓:貴教。
CA3J0803_20130409222004.jpg

八幡宮での集合。
CA3J0805_20130409222018.jpg

八幡宮から安養寺横の四本柱へ御神体を乗せた神輿が出発。
CA3J0807.jpg

御神輿を先頭に子供獅子、囃子屋台4台、阿島獅子の順に練歩き進みます。
CA3J0809.jpg

逢橋前での能龍の演奏。
CA3J0811.jpg

安養寺境内。
CA3J0812.jpg
CA3J0817.jpg

別名「暴れ獅子」と言われる阿島獅子。屋台で無く、人が担ぐ獅子。今年も我が南屋台が餌食に・・・。屋根が前後共に大破・・・(-_-;) しかし、獅子青年出身者が多いので、この辺りの理解はあります。

境内では今年、南壮年団団長として務めあげた田切君に花束が贈られ、胴上げが・・・。こんな雰囲気は他の耕地には無い、41歳で定年を迎える南独特な風景です。

その後、無事?会所へ帰還。しかし、そこでもサプライズ!! なんと、お疲れ様の大弾幕が揚げられ迎えられた田切団長。団長に贈る曲も披露される中、田切は泣きっぱなし・・・。私達ももらい泣き・・・。3年前、同じように送られた日の事を思い出します。
慰労会の席でも、練習期間から祭当日までのDVDが流され・・・この短時間で編集してきた米ちゃと圭二郎には脱帽です・・・今までの田切の後輩を思い不器用成りにも一生懸命取り組んできた姿勢が、揺るぎない信頼関係を築き、今日のこの時間、空間を作り上げたのだと思う。

他の耕地の方からも、南の演奏、礼儀、立ち振る舞いの良さを評価してくださる声を聞き、誇りに思います。改めて後輩の皆さんの技術向上への直向きな努力と、様々な配慮に敬意を表します。

団長として、お囃子の継承のみならず、南壮年団「白鳩青年」の心意気までも、しっかり引き継いでくれ、更に進化させてくれた事を心から感謝します。
この先も、後輩達がしっかりと引き継いでいってくれる事を期待しながら、来年からは同じ立場で見守っていきましょう。
田切、お疲れ様!!

4月8日(月)
高森町S様邸のタイル下地をとり、夜は北部地区班指揮者会議が行われました。
前出の今週日曜日、飯伊消防幹部訓練が午後からですが、午前中は北部地区班の幹部訓練が行われます。
今年度北部地区班当番団である喬木村で指揮者会議を行い、当日訓練会場も喬木村。
そんな訳で、会議の司会を務めました。
CA3J0819.jpg

特に問題も無く、会議は終了。懇親会へ・・・。
今年度からの副団長と言う事で新米です。各団の方々に御挨拶をさせて頂きながら、それぞれの団の分団長も同席していたので・・・これも何かの縁。今回も出会いを大切にして行きたいと思っているので、こちらにも挨拶を。


新年度へ入り、想像以上に忙しくさせて頂いています。飲み方も気を付けなければ・・・(-_-;)

取りあえず、今日、明日は夜の予定もないので、仕事に励みます!!

忙しい日々、ゆっくり桜を楽しむ事も無く、今年は過ぎてしまいそうです・・・。


 『 なせば成る。なさねば成らぬ何事も。成らぬは人のなさぬなりけり。 』


JFケネディが生前、「尊敬する日本人は?」という質問に対し、「ウエスギヨウザン」と答えました。
 
「上杉鷹山」は、破綻寸前に陥っていた米澤藩を、愛といたわりの改革によって立て直した偉人です。

この有名な言葉も、実は鷹山の言葉です。

先日、〇〇さんから送られた言葉でもあります・・・以前触れてたかな?

忙しさを言い訳に、疎かにしてしまう事柄が無いように、日々口づさみながら過ごします。

おやすみなさい・・・(-_-)zzz S



  1. 2013/04/10(水) 00:38:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年度スタート


またしても・・・サボってしまいました(-_-;)

いよいよ、25年度のスタートです!!

が・・・その前に・・・。

28日の夜は、南壮年団の囃子練習に同年の福沢君、市瀬君と顔を出し、激励してきました。
CA3J0796.jpg
CA3J0794.jpg

阿島区には4台の囃子屋台がありますが、我が南耕地は41歳で定年を迎えます。

我々も卒団して2年・・・参加出来ない淋しさもありますが、期限のある中で、集中し真剣に取り組めたことの満足感の方が大きく感じます。後輩の頑張る姿も大きく心強く感じてきました。
今週末の阿島祭の盛会を心からお祈りいたします。


そして29日の夜・・・喬木村消防団正副団長引き継ぎ会が正副本部長を交え行われました。

退団される内山団長へ森山副団長から花束が贈られ・・・。
CA3J0798_20130402221045.jpg

内山団長におかれては、正副計4年に渡り、大変お疲れ様でございました。

内山団長の意志を引き継ぎ、志を高く私も責務をまっとうしたいと思います。

困った事が起きたら直ぐに相談に伺いますので・・・今後ともご指導宜しくお願い致します! 岳ちゃ!!

30日夜は、〇〇さんと年度納めの会?

31日は塗り見本の作成やら、伊那での現場打合せ等で一日動き・・・。

昨日4月1日。朝8時に村役場へ行き、8時半からの辞令交付式に出席しました。

内山団長の退任辞令。森山団長の辞令。その後私も登壇し、一言挨拶をさせて頂き・・・。緊張しました(-_-;)

その後、そのまま各署へあいさつ廻りに・・・。

まず、下伊那地方事務所石田所長を伺い、その後、飯田警察署須江署長・飯田消防署山田消防長、関島署長を廻り、高森消防署、座光寺分署、喬木駐在所と・・・。午前中を掛け、内山前団長、森山団長と3人で・・・。

伺う先々で、お茶を頂きながら話されるお二方の姿、改めて大きく感じました。自分もこうなれるだろうか・・・? 今後もあるであろう多くの出会い、一つ一つ大切にしていきたいと思います。

午後は現場に出て、夕方6時半から喬木村消防団の辞令交付式に・・・。

分団長、副分団長、部長、班長、新入団員と辞令が渡され、退団される方々への感謝状も渡されました。

その後、第一回本部役員会が開かれ、春季訓練の反省、25年度の組織、当面の予定、各分団の模擬火災訓練実施要領等を話合い・・・。最後に副団長としての思いを語らせて頂きました。

分団長以下の皆さんにはキツイ事も言ったかも知れませんが、この組織が円滑に活動を進めて行く為、有事の際に安全に活動する為、それぞれの認識を統一し森山団長の元、一枚岩で事に当たれるよう・・・そんな話をさせて頂きました。

そして、後輩に対し口だけでなく、行動・・・背中で本部役員としての心意気を見せて頂きたい。

それぞれに職場や家庭、地域においても責任を負う立場であろう世代の皆さんが、この一年は消防最優先で挑んでいただく事になります。

貴重な一年を有意義に過ごして頂けるよう、またその中で、今以上に人間力を磨いて頂けるような環境を、副団長の立場で提供していけるよう、私も精一杯務めさせて頂きます。

災害は忘れたころにやってくる。忘れてなくてもやってくる!!

その災害が今日起こるかも知れません。当然その場の指揮を取るのは、既に我々今年度役員です。

改めて気を引き締めて行きましょう!! 

私の消防生活のスタートでもあります。ここでの出会いも大切に、この一年が無火災無災害である事を願いながら・・・。

おやすみなさい(-_-)zzz S
  1. 2013/04/02(火) 23:30:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。