ぬりかべ通信

佐藤左官工業所のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怪我と弁当は自分持ち!

今朝は今年?一番の冷え込み・・・事務所の温度計も3℃を指していました(-_-;)

CA3J1451.jpg

今朝は、各現場を廻り、駒ケ根のY様邸。

CA3J1461.jpg

明日から外壁のタイル貼りに入る為、墨出しなど段取りと、既存つなぎ部分の補修を・・・。

CA3J1463.jpg

墨出しをしていると、柱型の寸法違いに気付き、代人さんに連絡。急遽、解体し直すことに・・・。当初決まっていたタイルから別のタイルに変更になったのですが、変更後のタイル寸法に直すのを忘れていたようです。

タイル下地は㎜単位です。今日気付いて良かった。

早めに終わったため、帰りに飯島町のK様邸の確認をし戻りました。

CA3J1457.jpg

代人さんとも話していたのですが、ここへきて、左官職人の減少と左官工事の増加で、明らかに人で不足。

今日も新たに2件、予定していた左官屋さんが忙しくて断られた為、「佐藤さん、なんとか成りませんか?」と・・・。大至急工事に入って欲しいとの事でしたが・・・我が社も目一杯。ですが・・・何とかしてみるよ!!
・・・と、また自分で自分の首を絞める発言・・・(-_-;)

知り合いの左官屋さん何件かに聞いてみたのですが・・・皆に断られ・・・。しかし、その中、駒ケ根の方から「他に当たってみるよ!」と言われ、待つこと5分・・・。「一件やってくれそうだよ」と返事が! 連絡先を聞き電話をすると、快く承諾して頂き・・・誰でもイイと言うわけでは無かったのですが、ここは私も良く聞く伊那市の大手さん。安心してお願いできそうです。

しかし、駒ケ根のH左官さん・・・県の左官組合青年部で役員をご一緒させて頂き、当時から大変お世話になっていましたが、「困った時はお互い様だよ!」と、今回も親身に対応して頂き、ありがたく思います。

それに、地域を超えた繋がりを与えてくれた環境にも感謝します。

この繋がり、これからも大切に・・・今度は私がお返しできるよう、その時は最優先でお手伝いさせて頂きたいと思います。

さて、そんな忙しい中なのですが・・・明日は次女(中2)が、県中学校駅伝に出場するため、松本まで応援に・・・。こんな機会は2度と無いかも知れません・・・多分・・・。そんな訳で、行ってきます。

どんな結果になるのやら・・・(-_-;)

CA3J1459.jpg



そして・・・今朝、新聞を開くと・・・ありました! 先日阿島同年会(DDK)で行った、ボランティア活動の記事!!

CA3J1454.jpg

前回よりボリュームがあるような・・・。そして、カラー(^^)v

CA3J1456.jpg

残念ながらモデル選考で落ちたため(-_-;) 私は載っていませんが・・・これで、地域への知名度も増すことでしょう! これが終わりではありません。ようやく帆を張り出航です!! この船は何処へ向かうのでしょう? 

長く、しかし有意義な旅になる事でしょう(^^)v

ただ、ハワイ行のこの船に、ジャカルタ行の方が乗っていないことを願うばかりです・・・(-_-;)

そして、今回のブログテーマ!

『怪我と弁当は自分持ち!』・・・このボランティアの行動理念?でしょうか? 誰かに援助してもらってる団体ではないので、当然の事なのだと思いますが・・・。


これから書くことは、DDKの行動指針とは若干ずれると思いますが、最近、社会の中で違和感を感じる時があるので・・・ただの独り言ですが・・・。


この言葉は、私の業界では昔から言われ、教えられた基本のひとつでした。(今は法人なのでそうも言えないのですが・・・職人の基本だと思います)

なにごとも自己責任で対処すべしということです。受け取る日当の中で対処しなさいと言うことです。

多少の痛みは勉強のうち。何か起こったとしても、注意事項があっても聞かなかったり守らない方が悪い。

マスコミ?などでもよく取り上げるような、川に柵がしてないから落ちて水に溺れただとか、滑りやすいと書いてないから転んで怪我をしただとか、悪いのは全部自分以外の誰かだと、平気で口にする方々・・・そんなニュースを聞くと、実に腹立たしい。

「ちょっと違うんじゃないの?」と、言いたくなる。

第一注意書きなんかしてあったって読んでも守らない方達のことを、なんで保護しなくちゃいけないのか? そんな方達はホットケというのが本音・・・(-_-;)

「君子危うきに近寄らず。(意味を間違えてとっているむきが多いのだが)」と基本を教え、守らないで痛い思いをしても、持っていくお鉢がないことを理解させるべきだ。

近頃は当たり前のようにに見かける風景・・・「だめよ。」と、優しく言ってる親! じいちゃんばあちゃんならともかく・・・そんな言い方で言うことを聞く子供かどうか、親であれば分かりそうなもの!・・・聞ける子も中にはいるんでしょうが・・・。

時には厳しく教えることが、ゆくゆくは、その子やその縁に繋がる人の命を救うことになるかも知れないとしたら、うわべの優しさなんて無責任過ぎると思います。

似非人道主義にひっぱられて、自分で考え、責任を負うことをしないでいるツケは、“うちの子にかぎって”という例のやつに繋がりかねず、怖いと思うのですが・・・。
 
子共がかわいくない親はいません! 

子供に対し、優しさと愛を持って厳しく諭すことは、親と教師しかできないじゃないでしょうか!


と、まぁ・・・独り言です(-_-;) 

途中から様子が変わってしまいました・・・すみません・・・。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/03(土) 00:25:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<長野県中学校駅伝 | ホーム | 生きるとは!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://satosakan.blog91.fc2.com/tb.php/89-f03a892e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【怪我と弁当は自分持ち】

今朝は今年?一番の冷え込み・・・事務所の温度計も3℃を指していました(-_-;)今朝は、各現場を廻り、駒
  1. 2012/11/05(月) 05:51:28 |
  2. まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。